洗濯物を綺麗に乾かすための工夫

主婦にとって洗濯は重要な任務のひとつ。

アメリカと日本の洗濯の違い

洗濯物を綺麗に乾かすための工夫 主婦にとって洗濯は重要な任務のひとつ。その日の天気次第では思い切り外に干せたり、部屋干しになったり。晴れ渡った青空の下、洗濯ものを干すのは本当に気持ちいいですよね。晴れた日にはどこの家の庭もベランダにも洗濯物がひらひら?という光景、実はアメリカ(特に都市部)ではほとんど見かけません。わたしは以前、青空と輝く太陽が売りのロサンゼルスに住んでいましたが日本のような光景に出会うことはありませんでした。

ではアメリカ人は洗濯しないのでしょうか。そんなわけはありませんよね。もちろん洗濯しますが洗ったものは乾燥機へ直行するのです。そう、向こうでは乾燥機で乾かすことが当たり前なのです。さらに、日本の家庭では洗濯機は一家に一台は当たり前ですが、アメリカではそうではありません。一軒家の場合は一家に一台ありますが、アパートなどには日本のように洗濯機を置く場所すらありません。ではどうしているのかと言うと、大抵のところが洗濯室なる施設を併設しています。何台かの洗濯機と乾燥機が置いてあり、居住者はコインランドリーの要領でお金をいれて使います。

国や文化の違いなどは良く言われますが、洗濯ひとつをとってみてもこんなに違いがあるなんて、面白いですよね。

Copyright (C)2019洗濯物を綺麗に乾かすための工夫.All rights reserved.