洗濯物を綺麗に乾かすための工夫

洗濯をする時にほとんどの人が洗濯用柔軟剤を投入すると思います。

洗濯用柔軟剤の基本的な使い方

洗濯物を綺麗に乾かすための工夫 洗濯をする時にほとんどの人が洗濯用柔軟剤を投入すると思います。今回はその洗濯用柔軟剤の正しい基本的な使い方について説明したいと思います。近年では全自動洗濯機を使用している方がほとんどではないかと思いますが、全自動洗濯機の場合は柔軟剤の投入口にあらかじめ入れておくことで、良いタイミングで柔軟剤を投入してくれます。その他の洗濯機では最後のすすぎのときに自分で柔軟剤を入れましょう。必ずすすぎの水が透き通ったきれいな水になってから入れるようにしてください。最後に脱水して完了です。また、手洗いでの洗濯の場合にも同様に、しっかりとすすいで水の濁りがなくなってから柔軟剤を投入し、数分間浸けた後にすすがずに絞り、完了です。

しかし、柔軟剤を入れているのに、思うようにフワフワで柔らかな仕上がりにならない、香りがあまりしない…など効果を感じることができない人もいるかと思います。れらの主な原因は、正しい柔軟剤の入れ方、また、正しい干し方をしていないからです。柔軟剤は、非濃縮の洗剤なのに、規定量きちんと入れていないことがあります。このタイプの柔軟剤は、かなりの量を入れる必要があるにもかかわらず、濃縮タイプと同じくらいの量を入れているのです。これでは効果が期待できません。正しく使ってこそ、効果が期待できる柔軟剤なので基本的な使い方を守って使いましょう。

Copyright (C)2019洗濯物を綺麗に乾かすための工夫.All rights reserved.